愛媛県

新居浜市アメリカン隠れ家「チロエズカフェ」’50sの大人の遊び場

新居浜市のアメリカン隠れ家「チロエズカフェ」1950年代の大人の遊び場

四国地域密着情報ブログ『お四国いいね』 - にほんブログ村

美味しいと評判のお店を聞くと、どんな所なのか気になってしまいますよね?

行ってみたいなって思うんだけど、初めてのお店は緊張しちゃうな。

愛媛県新居浜市にある「チロエズカフェ」は

  • 木のぬくもりとアメリカンなインテリアが楽しめる
  • 焙煎所から仕入れた豆で淹れたこだわりのコーヒー
  • ごはん以外のメニューも豊富

外観がおしゃれでちょっとビクビクしていたけど、入ってみたら意外なものがあったよ。

コンパクトな店内にこだわりがたっぷり詰められた素敵な空間。

どんな場所なのか少し覗いてみましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

愛媛県新居浜市「チロエズカフェ」

チロエズカフェ(Chiroe’s Cafe)は2019年に開店した新しめのカフェです。

道沿いにあるお店だから、お店の前を通るたびに気になっていたんだ。

レンガと木がふんだんに使われているの建物なので、北欧テイストなのかな?と思っていたのですが、意外や意外。お店の中は、1950年代前後のオールドアメリカテイストでした。

妥協なしのインテリアたち

お店の入り口からまず目に入ったのは「木」でした。入り口にたくさん植えられていた植物も印象的。

お店の中も壁・床・天井などにふんだんに木が使われていて、どこかほっと安心するような空気でした。
間接照明が中心で、やわらかい光が包んでくれます。

席はテーブルごとにすべて違う家具が使われているのに、バラバラ感が感じられない不思議な空間。
車道側に大きく開いている窓から、自然の光が入ってくるのも素敵です。

他にも、2~3人掛けソファとローテーブル・座りやすいテーブル席・カウンターなど色々あったよ。

明るくて居心地のよさそうなカウンターだね。

どこに座るか迷って、今回はローテーブルに一人掛けソファが2席ある所にしました。

すると目に飛び込んできたのがこちら↓
なんと、お店の中に車が2台展示してありました。

興味本位で更に奥へ行くとバイクも数台発見。
どれもきれいに整備されていたように見えたので、現在も公道で走れるのではないでしょうか。

白い方の車はスバル360という車種で、1950年後半に発売されたものなんだって。

軽自動車の火付け役になったとも言われている、別名「てんとう虫」と呼ばれる貴重な車。

昔の車好きにはたまらないコーナーです。

他には手の形をしたソファがあったり、ヴィンテージ物の扇風機があったりと遊び心満載。こちらの↑ソファには雑誌と時計(?)が置かれていました。

店内には、エルヴィス・プレスリーが活躍していた1950年代の音楽が流れています。

ゆっくりと時間が流れていくような、不思議な感覚を味わえました。

こだわりのモーニング

ランチが評判のお店と聞いていたのですが、今回は朝お店に行ったのでモーニングを頂きました。

●プチリッチモーニング(ドリンク代+250円)

・ハーフトースト(小倉あん・バターのどちらか)
・ウインナー・サラダ
・たまご料理(オムレツ・目玉焼きのどちらか)

食べ物が来てビックリしたのが、コーヒーの器がファイヤーキングという食器だったことです。

ファイヤーキングは1940年代~1970年代からアメリカで作られていた耐熱ガラスの食器。

復刻版はあるみたいだけど、もし当時のものだとしたらとっても貴重なものだよね。

キッチン付近のカウンターには、ファイヤーキングのマグがずらっと並んでいてこだわりを感じました。

フォークの先がレンチになっているのも、遊び心があってとてもかわいいです。
コーヒースプーンも持ち手がレンチでした。

今回の飲み物はホットコーヒーを選択。

コーヒーは、今治で有名な「日曜コーヒー」という豆の焙煎店から豆を仕入れているそうです。

機械を使わずに、一回一回手で淹れている(ハンドドリップ)という徹底したこだわりっぷり。

ワクワクしながら一口。

おお、これは…美味しい!

酸味や香ばしさが強めの味。
ブラックでも美味しいですが、ミルクと一緒に飲んだら相性抜群でした。

たまご料理はオムレツ・パンは小倉あんを選択。

オムレツはチーズ入りの超ふわっふわ、サラダのドレッシングは燻製されたような香ばしさがある不思議な味だったよ。

ドレッシングはレジ前で売っていたので、気に入ったら買ってみても良いですね。

そして遊び心はトイレにも。蛇口をひねるところがレンチの形です。

小さなところも遊び心を忘れない、まさに大人の遊び場ですね。

デザートメニューも豊富

今回はモーニングをいただきましたが、他にもランチやデザートメニューがたくさんありました。

ケーキセットやプリン・ゼリー、夏限定のかき氷などたくさんあったよ。
ドリンクメニューも多かったから、おやつ時にもいいかも。

今回は時間帯的に頼めなかったのですが、個人的に気になるのはランチのピザトースト。

家で作った物とどう違うのか、また行ってみて食べてみたいです。

現在(2022.8月現在)営業時間は17時までですが、お客さんの要望に応えて夜カフェを始める予定だそうです。

こんな空間で夜カフェが出来たら、とっても素敵だろうなあ。

これからどんなお店になっていくのか、今後の展開に大期待のお店ですね。

「チロエズカフェ」の詳細

Chiroe’s Cafe

●住所:愛媛県新居浜市久保田町2丁目11-1

●TEL:090-4845-1177

●営業時間:9:00~17:00

●HP:チロエズカフェ-Ehime新居浜市-カフェ|Facebook

まとめ

今回は愛媛県新居浜市の「チロエズカフェ(Chiroe’s Cafe)」を紹介しました。

  • 1950年代のアメリカグッズがいっぱい
  • 大人の遊び場風の店内
  • 毎回ハンドドリップのこだわり珈琲
  • 営業時間拡大、夜カフェの予定もあり

今回はモーニングをいただきましたが、他の時間にも行ってみたくなる魅力的なお店でした。

お客さんの年齢層も広くて、こどもから大人までいろんな人がくつろいでいたよ。

食事・インテリアと楽しむ幅がとっても広いので、何度訪れても色々な楽しみ方が出来そうです。

1人でまったり、みんなでワイワイと色んなシチュエーションで訪れてみるのも良いですね。

*合わせて読みたい新居浜市関連記事

>> 新居浜市の隠れ家「母屋カフェ・ときの屋」に潜入!古民家でこだわりの新鮮食材を

>> 【新居浜市】地元民が愛するお店4選!カフェ・ランチ・デザートなど

>> 新居浜コーヒー豆専門店「珈琲BEANS一休」こだわり派にスペシャルな1杯

タイトルとURLをコピーしました